握手(読み)アクシュ

  • にぎりて

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)
互いに手を握り合うこと。あいさつや、親愛の情、喜びの表現として行う。「初対面の握手を交わす」
仲直りをすること。また、協力すること。「新薬開発のため両社が握手する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

出会い,別れに際しての挨拶の基本的動作。相武器を持っていないことを示す信頼のあかしとして広く西欧文化圏で一般化をみた。〈手を取りあう〉〈手をる〉〈手を切る〉などという表現が人間関係の(きずな)を表しているように,握手は結合のサインとなる。握手は初対面のときやそれほど親しくない間柄のばあい,互いに軽く会釈して交わす儀礼的行為となるが,強い感情を表現する場合には他の動作が伴う。相手を認めたとき,笑顔やまゆ毛をつり上げるといった表情で表したり,片手をあげたり,手振りでもって歓迎のを表して接近する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

スル
互いに手を握り合うこと。挨拶として、また親愛の気持ちや喜びを共にする表現として行う。 -を交わす
比喩的に 仲直り。和解。協力。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 互いに手と手を握り合うこと。挨拶として行なう場合や、親愛の情を示すのに行なう場合が多い。
※随筆・文会雑記(1782)附録「丙寅の春東帰するとて来りたり。握手して鎮西の事を談ずるに、さまざまの事をきく」 〔後漢書‐李通伝〕
② (比喩的に用いて) 仲直りすること。また、仲良くし、協力すること。
※それから(1909)〈夏目漱石〉一五「再び半身を埒外に挺(ぬきん)でて、余人と握手するのは既に遅かった」
〘名〙 極めてけちな人。
※当世商人気質(1886)〈饗庭篁村〉二「握(ニギ)り人(テ)と評判取りし千太郎が俄かに手を拡げての廓通ひ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

握手の関連情報