コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

社会主義リアリズム演劇 しゃかいしゅぎリアリズムえんげきsocialist realism in the theatre

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

社会主義リアリズム演劇
しゃかいしゅぎリアリズムえんげき
socialist realism in the theatre

A.ルナチャルスキーらによって提唱された,革命後のソ連における演劇のあり方を規定した用語。その規定によれば,演劇は「現実を,その革命的発展の見地に立って,真実に,また史的具体性をもって描かなければならない」とされた。しかし写実劇の場合と同様,概念規定が困難で,その内容は時代とともに変化する。当初,B.マヤコフスキーの戯曲や,V.メイエルホリド,A.タイーロフの形式主義的演出は,抽象的で大衆教育には適さないとして追放されたが,スターリンの死後に名誉回復されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

社会主義リアリズム演劇の関連キーワードモスクワ芸術座ハンガリー演劇リアリズム演劇朝鮮演劇土方与志ソ連演劇

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android