コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

社会主義研究 しゃかいしゅぎけんきゅう

世界大百科事典 第2版の解説

しゃかいしゅぎけんきゅう【社会主義研究】

(1)1906年3月堺利彦が由分社(堺が漢字〈堺〉のつくりを分解して命名した出版社)から創刊した社会主義雑誌。4,5,7,8月号の5号で資金難のため廃刊。創刊号には週刊《平民新聞》(53号)に掲載して発禁となった《共産党宣言》全文を載せた。クロポトキンエンゲルスリープクネヒトカウツキーらの論文を訳載したり,世界の社会主義運動のいち早い紹介をした。(2)1919年4月,堺利彦と山川均によって創刊された雑誌。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の社会主義研究の言及

【解放】より

…文芸欄には小川未明,宮地嘉六,金子洋文らが執筆,しだいに労働者作家,社会主義的作家の寄稿が増加したが,関東大震災のため23年9月終刊した。(2)第2次 25年山崎今朝弥(けさや)の経営に移り,日本フェビアン協会の《社会主義研究》を7月号より《解放》と改題,10月号から総合雑誌化された。定価は50銭。…

※「社会主義研究」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

社会主義研究の関連キーワード日本フェビアン協会社会主義研究会社会主義協会石垣 栄太郎岸本 能武太日本平民党岸本能武太伊藤千代子小畑 達夫村井 知至田所 輝明加藤時次郎井之口政雄安部 磯雄幸徳 秋水中村 菊男蠟山 政道治安警察法和田 春生河上 清

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

社会主義研究の関連情報