コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山崎今朝弥 やまざきけさや

5件 の用語解説(山崎今朝弥の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山崎今朝弥
やまざきけさや

[生]1877.9.15. 岡谷
[没]1954.7.29. 東京
弁護士社会主義者1900年明治法律学校 (現明治大学) を卒業し,03年渡米。その頃から社会主義運動に関係し,労働争議,借家争議などの裁判事件の弁護をした。 1920年代の労働運動台頭期には堺利彦,大杉栄らの同志とともに 20年日本社会主義同盟を結成し,同盟が解散させられると日本フェビアン協会を組織して活動した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

山崎今朝弥【やまざきけさや】

弁護士。社会主義者。長野県生れ。明治法律学校(現,明治大学)卒業。1903年米国に留学,帰国後弁護士を開業。社会主義運動に参加し,無産運動に関する多くの裁判事件の弁護人を勤めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山崎今朝弥 やまざき-けさや

1877-1954 明治-昭和時代の弁護士。
明治10年9月15日生まれ。36年渡米して幸徳秋水らとまじわる。40年弁護士を開業。大正9年日本社会主義同盟の結成,10年自由法曹団の創立にかかわる。戦後は三鷹・松川事件の弁護団にくわわった。昭和29年7月29日死去。76歳。長野県出身。明治法律学校(現明大)卒。著作に「地震・憲兵・火事・巡査」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

やまざきけさや【山崎今朝弥】

1877‐1954(明治10‐昭和29)
弁護士。長野県岡谷の自作農の三男として出生。代用教員などを経て明治法律学校(現,明治大学)を卒業し,司法官試補を3ヵ月で退職,3年の滞米生活ののち1907年に弁護士を開業する。自称〈米国伯爵〉。日本社会主義同盟(1920),自由法曹団(1921)結成に積極的に参加する。22年の懲戒裁判で4ヵ月の停職となる。日本労農党から社会大衆党にいたる中間派政党に属し,労農弁護士団事件では布施辰治らを弁護。松川事件,三鷹事件の弁護人として活躍した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山崎今朝弥
やまざきけさや
(1877―1954)

弁護士。長野県生まれ。1901年(明治34)明治法律学校卒業。03年アメリカに遊学、幸徳秋水ら社会主義者と知り合う。07年帰国、弁護士となり、13年(大正2)東京法律事務所を創立。16年には加藤時次郎の平民病院付設の平民法律所長になり、大正期東京で起きた社会主義者の事件のほとんどを弁護した。17年には平民大学を創立。20年日本社会主義同盟、21年自由法曹団、24年日本フェビアン協会の結成に参加。また雑誌『解放』(1925~33)をはじめ多くの雑誌、単行本を出版し社会主義思想の普及に努め、各種の社会主義団体に関与して左翼陣営の戦線統一を目ざした。「米国伯爵」を自称、反語・皮肉・暗喩(あんゆ)などを駆使して権力を愚弄(ぐろう)し、いっさいの権威を揶揄(やゆ)、奇言・奇行の人として知られた。敗戦後は自由法曹団顧問となり、三鷹(みたか)事件、松川事件を弁護した。[北河賢三]
『森長英三郎著『山崎今朝弥』(1972・紀伊國屋書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の山崎今朝弥の言及

【解放】より

…文芸欄には小川未明,宮地嘉六,金子洋文らが執筆,しだいに労働者作家,社会主義的作家の寄稿が増加したが,関東大震災のため23年9月終刊した。(2)第2次 25年山崎今朝弥(けさや)の経営に移り,日本フェビアン協会の《社会主義研究》を7月号より《解放》と改題,10月号から総合雑誌化された。定価は50銭。…

【自由法曹団】より

…民衆運動弾圧事件の犠牲者への積極的な弁護・支援活動にあたってきた弁護士の団体。神戸の川崎・三菱神戸造船所争議の調査を契機に,1921年山崎今朝弥,布施辰治,上村進,片山哲ら数十名によって結成され,亀戸事件や多数の労働争議・小作争議に関与した。26年の無産政党分裂で団の統一的活動が困難となり,さらに三・一五事件等の公判方針をめぐり左翼弁護士間の統一も崩れたが,個人の団を自称した活動が行われた。…

※「山崎今朝弥」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

山崎今朝弥の関連キーワード長野県岡谷市赤羽長野県岡谷市今井長野県岡谷市内山長野県岡谷市銀座長野県岡谷市湖畔長野県岡谷市南宮長野県岡谷市樋沢長野県岡谷市本町長野県岡谷市湊長野県岡谷市若宮

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone