社会保障国民負担率(読み)しゃかいほしょうこくみんふたんりつ

百科事典マイペディア 「社会保障国民負担率」の意味・わかりやすい解説

社会保障国民負担率【しゃかいほしょうこくみんふたんりつ】

租税社会保険料国民所得(または国内総生産)に対する割合で示される。しかし租税がすべて社会保障に回されるわけではないことや,また年金医療福祉サービス等の給付国民に還元されるもので,それらがなければその費用各人個別に負担することから,すべてを国民負担率とすることに異論もある。
→関連項目国民負担率

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

タコノキ

タコノキ科の常緑高木。小笠原諸島に特産する。幹は直立して太い枝をまばらに斜上し,下部には多数の太い気根がある。葉は幹の頂上に密生し,長さ1〜2m,幅約7cmで,先は細くとがり,縁には鋭い鋸歯(きょし)...

タコノキの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android