コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

社会民主労働党[スウェーデン] しゃかいみんしゅろうどうとう[スウェーデン]Socialdemokratiska Arbetarepartiet

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

社会民主労働党[スウェーデン]
しゃかいみんしゅろうどうとう[スウェーデン]
Socialdemokratiska Arbetarepartiet

スウェーデンの政党。 1876年労働組合を地盤として結成され,現在もブルーカラー労働者の 95%を組織するスウェーデン労働組合連合 LO (約 190万人) を最大の支持基盤とし,穏健な社会主義を目指す。 1932年以来 44年間,単独または連立して長期政権の座にあり,自由世界で最も進んだ社会福祉制度を実現,労働組合の参加による企業経営を推進した。 76年高負担政策への不満が特に若い世代で増加し,「右の風」が吹いたことが原因となり総選挙に敗れたが,82年選挙で政権を回復した。 86年当時の首相 O.パルメが映画鑑賞の帰途,地下鉄の入口付近で暗殺され,あとを I.カールソン首相が継いだ。 91年選挙ではヨーロッパ共同体 EC加盟を前にして再び「右の風」が吹き,政権を失った。 94年9月の総選挙では勝利を収め,左翼党 (旧共産党) ,緑の党との左派連立政権を樹立しカールソンが首相に返り咲いた。 96年3月,G.ペーション蔵相が新首相に就任。 98年9月の総選挙では議席を減らしたものの第1党の座を守り,第2次ペーション内閣が発足した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

社会民主労働党[スウェーデン]の関連キーワードスウェーデン

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android