コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

社会王制 しゃかいおうせいsoziale Monarchie

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

社会王制
しゃかいおうせい
soziale Monarchie

国王の権力によって社会正義の実現を企図する思想や社会体制をいう。しかし通常は経済学を倫理や正義と結合して把握しようとしたいわゆる新歴史学派の経済学者 G.シュモラーや A.ワーグナーなどによってなされた社会問題解決の方法や思想をいう。ワーグナーは租税政策による分配上の不平等の矯正を主張し,シュモラーは没落しつつある手工業者の救済,保護による社会問題の解決を主張した。両者は国家的社会政策によって社会問題を解決しようとした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

社会王制の関連キーワード多神教

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

社会王制の関連情報