コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

社会的入院 しゃかいてきにゅういん

3件 の用語解説(社会的入院の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

社会的入院

医学的には入院の必要がなく、在宅での療養が可能であるにもかかわらず、ケアの担い手がいないなど家庭の事情や引き取り拒否により、病院で生活をしている状態。高齢者の寝たきりや精神障害者社会復帰の阻害を作り出す一因でもある。厚生労働省は、精神医療を入院中心から、できるだけ地域で生活できるように転換するため、都道府県が退院の数値目標を設定し、社会復帰を支援する計画を作ることなどを盛り込んだ改革ビジョンを2004年に策定した。病棟や病床を、急性期、社会復帰リハビリテーションなどの4つに分け、病状などに応じて治療できる体制を06年度に整える予定。06年度から10年間で、約7万人ともいわれる社会的入院の解消を目指しており、その取り組みが注目される。

(中谷茂一 聖学院大学助教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しゃかいてき‐にゅういん〔シヤクワイテキニフヰン〕【社会的入院】

入院による治療の必要性が低くなっていながら、帰る家がない、引き取り手がいない、家庭に介護者がいない、後遺症があるなどの理由で入院の続く状態。要介護の高齢者や精神障害者の慢性的な長期入院についてもいう。病床数の不足、介護・医療保険などの面から社会的な問題になっている。→療養病床介護療養型老人保健施設

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しゃかいてきにゅういん【社会的入院】

寝たきりの高齢者や精神障害者などが、入院治療の必要性がなくなったあとも、家庭に介護者がいない、受け入れ態勢がないなどの理由で入院したままでいること。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

社会的入院の関連情報