コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

社内ニート しゃないにーと

1件 の用語解説(社内ニートの意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

社内ニート

会社に所属しているが、十分な仕事を与えられず暇を持て余している人のこと。定年間近の人に使われることが多い「窓際族」と違い、若年層に対しても使われる言葉。内閣府の調査によると、2012年9月現在、日本の全雇用者の8.5%にあたる最大465万人が「雇用保蔵」(必要以上の人員を企業が抱えている)状態、つまり社内ニートを抱えている状態ということになる。急増の原因として、長引く景気低迷で事業が縮小し、仕事が減っても簡単に解雇できないことや、若手社員を育成する余裕がなく、放置され続けていることなどが挙げられている。

(2012-11-6)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

社内ニートの関連キーワード旗国無職離職中寺僧社友隊員保険外交員引抜く完全子会社ビューティーコンサルタント(BC)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone