窓際族(読み)まどぎわぞく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

窓際族
まどぎわぞく

出世ラインからはずれて閑職につく中高年サラリーマンを揶揄することば。実質的な仕事を与えられず,窓ぎわの席で日々新聞を読んだり外をぼんやり眺めている光景を「窓際おじさん」と呼んだ,1977年の北海道新聞のコラムが由来とされる。終身雇用制度が企業にまだ根強く存在した時代,重大な過失がない従業員解雇することは道徳的に悪とされ,解雇反対など労働争議の大きな原因にもなった。そのために会社が,高度成長の時代に雇用し中高年となった従業員を,必要に応じて活動できるように待機するという遊軍的な名目で解雇・転職させなかったことから,こうした状況が生まれた。バブル経済が崩壊すると,企業は窓際族を雇っておく余裕がなくなり,希望退職者を募り退職金を割り増しして支払う選択定年制 (早期退職優遇制度) を導入するなど,人員削減のためのリストラクチャリングを盛んに行なうようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

まどぎわ‐ぞく〔まどぎは‐〕【窓際族】

会社で第一線のポストからはずされ、閑職に追いやられた中高年サラリーマン。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

まどぎわぞく【窓際族】

一応の肩書きをもちながら、実質的な仕事を与えられず遊軍的な立場におかれた中高年サラリーマンを揶揄やゆ的にいった語。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

窓際族の関連情報