コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

社務職 シャムシキ

デジタル大辞泉の解説

しゃむ‐しき【社務職】

神職の長として神社の事務を取り扱った人。石清水(いわしみず)・松尾・平野・住吉の諸社に置かれた。しゃむしょく。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の社務職の言及

【社務】より

…神社で行う事務一般を称して社務といい,それを執行する建物を社務所と呼ぶ。また往古,神職の長として一社の事務を執行したものを社務あるいは社務職(しやむしき)ともいった。松尾神社,平野神社,住吉神社,鶴岡八幡宮などの諸社には,これが置かれた。…

※「社務職」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

社務職の関連キーワード豊国神社(とよくにじんじゃ)吉田神社(京都市)宇都宮家式条波多野稙通宇都宮朝綱宇都宮市宗像氏続宇都宮氏萩原兼従神光院神職社務有助

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

社務職の関連情報