社務(読み)シャム

世界大百科事典 第2版の解説

しゃむ【社務】

神社で行う事務一般を称して社務といい,それを執行する建物を社務所と呼ぶ。また往古,神職の長として一社の事務を執行したものを社務あるいは社務職(しやむしき)ともいった。松尾神社,平野神社,住吉神社,鶴岡八幡宮などの諸社には,これが置かれた。社務の語が一般化したのは明治以降で,神社が国家の管理下におかれたため,公務を行う事務所が必要とされ,多くの神社に社務所が作られた。明治以前も,大きな神社には政所(まんどころ),庁舎,庁屋などと称する施設があった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しゃむ【社務】

神社の事務。
会社の事務。
神職の長として一社の事務を取り扱った者。松尾・平野・住吉などの諸社におかれた。社務職。しゃみ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

社務の関連情報