コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

社還米 しゃかんまいSahwanmi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

社還米
しゃかんまい
Sahwanmi

朝鮮,朝鮮王朝 (李朝) で行われた還穀 (義倉米 ) 制。朝鮮の還穀制は本来中国の制度にならったもので,古くから行われていた。すなわちそれは貧民に対する救済と物価の安定を目標として国家財政の一部である官穀を「春貸秋納」するものであるが,次第に本来の目標を逸脱して高利貸的収奪の性格を強くもつようになった。そこで高宗 32 (1895) 年,「社還条令」を発布して在来の還穀を社還米と改称して還穀の方法を一種の半官半民制として合理化をはかった。この方法は一見在来の非を正したようにみえるが,事実は朝鮮王朝末期における国家財政の確立と農民の懐柔がその目的であったとされている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の社還米の言及

【還穀】より

…これに抵抗する民衆は1862年に一斉蜂起した(壬戌(じんじゆつ)民乱)。このように〈還穀〉の弊害面が肥大化したため,1867年〈社倉〉を復活し,95年〈社還米〉と改称して利率を引き下げた。しかし弊害はそれでも収まらず,1917年〈還穀〉は朝鮮総督府により廃止された。…

※「社還米」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android