コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

祐子内親王家紀伊 ゆうしないしんのうけの きい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

祐子内親王家紀伊 ゆうしないしんのうけの-きい

?-? 平安時代中期-後期の歌人。
祐子内親王につかえる。天喜(てんぎ)4年(1056)「皇后宮春秋歌合」に名がはじめてみえる。「堀河百首」の歌人のひとり。「後拾遺和歌集」以下の勅撰集に31首がのせられている。通称は一宮紀伊,中宮紀伊。家集に「一宮紀伊集」。
【格言など】音に聞く高師の浜のあだ波はかけじや袖の濡れもこそすれ(「小倉百人一首」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ゆうしないしんのうけのきい【祐子内親王家紀伊】

紀伊

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

祐子内親王家紀伊の関連キーワード素意紀伊

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android