コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

祐子内親王 ゆうしないしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

祐子内親王 ゆうしないしんのう

1038-1105 平安時代中期-後期,後朱雀(ごすざく)天皇の第3皇女。
長暦(ちょうりゃく)2年4月21日生まれ。母は藤原嫄子(げんし)。母の養父藤原頼通(よりみち)の後見をうけ,准三宮(じゅさんぐう)となった。高倉殿宮とよばれる。永承5年(1050)の「祐子内親王家歌合」など,しばしば歌合わせが邸宅でもよおされた。長治(ちょうじ)2年11月7日死去。68歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

祐子内親王 (ゆうしないしんのう)

生年月日:1038年4月21日
平安時代中期;後期の女性。後朱雀天皇の第3皇女
1105年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

祐子内親王の関連キーワード祐子内親王家紀伊菅原孝標女禖子内親王後朱雀天皇大弐三位生年月日藤原経衡出羽弁小弁紀伊長暦素意

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android