コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

祖逖 そてきZu Ti; Tsu T`i

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

祖逖
そてき
Zu Ti; Tsu T`i

[生]泰始2(266)
[没]太興4(321)
中国,西晋末,東晋初めの武将。字は士稚。范陽 (河北省) の人。西晋王朝の滅亡後,東晋の元帝 (→司馬睿 ) に仕え,豫州刺史に任じ,独力で中原回復に努力し成果をあげたが,東晋朝はその内部事情などのため逖の活躍に対し冷淡で,彼は東晋朝の処置に不満をいだいたまま没した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

そてき【祖逖】

266~321) 中国、東晋の武将。字あざなは士稚。范陽の人。元帝に仕え、北伐を行い後趙と戦って黄河以南を晋の領土に回復した。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

祖逖の関連キーワード河北省范陽北伐先鞭西晋

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android