後趙(読み)こうちょう(英語表記)Hou-zhao; Hou-chao

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

後趙
こうちょう
Hou-zhao; Hou-chao

中国,五胡十六国の一つ。匈奴系統の (けつ) 族の石氏の建てた国 (319~351) 。漢 (前趙) の劉氏のもとで襄国 (河北省 邢台) を本拠として勢力をたくわえた石勒 (せきろく) は,自立して王と称した (319) 。これを後趙という。太和2 (329) 年には前趙を滅ぼし,淮水以北から西は陝西,甘粛に及ぶ華北のほぼ全域を勢力圏に収めて,建平1 (330) 年皇帝の位につき,中国文化の復興に努めた。第3代の石虎は外征を事とし,奢侈を好み,国力を消耗させた。第5代石遵,次の石鑒も将軍冉閔 (ぜんびん) に殺され,冉閔は独立して魏と称し,石氏一族を滅ぼした (351) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

こうちょう【後趙】

中国、五胡十六国の一。羯けつ族の石勒せきろくが建てた王朝(319~351)。都は襄国じようこく。のち鄴ぎように遷都したが、漢人の将軍冉閔ぜんびんに滅ぼされた。ごちょう。

ごちょう【後趙】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こう‐ちょう ‥テウ【後趙】

中国、五胡十六国の一つ。三一九年、羯(けつ)族の石勒(せきろく)が建国。三二九年には前趙を併合して華北に勢威をふるったが、三五一年、七代で漢人冉閔(ぜんびん)に滅ぼされる。ごちょう。

ご‐ちょう ‥テウ【後趙】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の後趙の言及

【五胡十六国】より

…漢族政権は江南に亡命をよぎなくされ(東),ここに華北は五胡十六国時代となる。 前趙は一時,関中(渭水盆地)一帯をも占領したが,匈奴の一派羯族出身の石勒に併呑された(後)。しかし後趙もやがて混乱状態におちいった。…

【石勒】より

…中国,後の創建者。幼名(はい)。…

【趙】より

…中国,五胡十六国の一つ。後趙ともいう。羯(けつ)族の石勒(せきろく)ははじめ前趙に臣属していたが,前の混乱に乗じ華北地方東半部を蚕食して趙王国を建て,前趙を併呑して330年(建平1)帝位についた。…

※「後趙」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ポスティングシステム

《「入札制度」の意》日本の球団に所属するプロ野球選手が、米国メジャーリーグへ移籍するための制度の一。所属球団の許可を得た選手のみが対象となる。所属球団は2000万ドルを上限に譲渡金を設定し、獲得を望む...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

後趙の関連情報