コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石勒 せきろくShi Le; Shih Lê

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石勒
せきろく
Shi Le; Shih Lê

[生]泰始10(274)
[没]建平4(333)
中国,五胡十六国後趙の第1代皇帝 (在位 319~333) 。字は世竜。諡は明帝。山西の匈奴系統の (けつ) 族の人。さきに劉淵,続いて劉聡の部下となったが,劉聡の死後は劉曜に対抗し,太興2 (319) 年王と称した。太和1 (328) 年前趙の劉曜を洛陽に破り,同2年前趙を滅ぼしてからは,その勢力はほぼ華北一帯に及び,建平1 (330) 年皇帝となった。都は襄国。石勒は一国の統治者としても有能で,帰服した漢人の統御にすぐれた手腕を示し,学校を建て,学者を重用し,官吏の登用にもよく意を用いた。また仏僧仏図澄 (ぶっとちょう) に帰依した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

石勒【せきろく】

中国,五胡十六国の後趙()の建国者(高祖)。現在の山西省にあった(けつ)族集落の出身。群盗首領から前趙の部将となり,319年自立。329年前趙を滅ぼして華北を領有

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せきろく【石勒 Shí Lè】

274‐333
中国,後の創建者。幼名(はい)。上党郡武郷県(山西省武郷県)地方にあった羯(けつ)族部落の小長の家に生まれ,少年時代から族人の間に信望があった。しかし南匈奴に従って南遷してきた羯族は,当時漢人の蔑視と経済的困窮のなかにあり,石勒も飢餓に苦しんだ末,西晋の軍閥によって山東方面の地主に売り飛ばされて奴隷となった。八王の乱の情勢が深まるなかで,彼は自己の英雄的資質に目ざめ,馬賊仲間に身を投じて各軍閥のもとを転々とした末,劉淵(漢)に帰属した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

せきろく【石勒】

274~333) 五胡十六国時代の後趙こうちようの高祖(在位319~333)。羯けつ族の出身。前趙を滅ぼし華北を統一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石勒
せきろく
(274―333)

中国、五胡(ごこ)十六国時代、後趙(こうちょう)の初代の君主(在位319~333)。匈奴(きょうど)系の羯(けつ)族の出身で、山西省武郷県付近の小部族の首長(しゅちょう)の家に生まれたが、若くして漢人の奴隷に転落した。さらに群盗の仲間に入ってその首領となり、八王の乱に乗じて勢力を伸ばしたが、劉淵(りゅうえん)が漢の帝位につくと彼に降(くだ)り、永嘉(えいか)の乱では劉曜や王彌(おうび)らと活躍した。しかしその後、襄国(じょうこく)〔河北省(けいだい)県付近〕を拠点として山東、河南、および河北を経略し、しだいに漢から自立する傾向を強め、漢が(きんじゅん)によって滅ぼされると、長安にあった劉曜の前趙に対抗して自ら趙王の位につき、後趙を建てた。のち前趙を滅ぼして関中をも併合すると、趙天王を経て帝位についた(330)。彼は律令(りつりょう)を制定したり歴史書の編纂(へんさん)事業をおこして、中国の伝統的な制度や文化を尊重した。漢人と羯族以下の諸民族の区別を明らかにしたのもそのような姿勢の表れである。また仏図澄(ぶっとちょう)を礼遇して仏教の普及にも貢献した。[關尾史郎]
『谷川道雄著『隋唐帝国形成史論』(1971・筑摩書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の石勒の言及

【趙】より

…後趙ともいう。羯(けつ)族の石勒(せきろく)ははじめ前趙に臣属していたが,前の混乱に乗じ華北地方東半部を蚕食して趙王国を建て,前趙を併呑して330年(建平1)帝位についた。後趙は鄴(ぎよう)(河南省安陽県)を首都としてほぼ華北全土を領有し,第3代石虎のとき匈奴系国家として最盛期にあった。…

※「石勒」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

石勒の関連キーワード迅雷耳を掩うに暇あらず成帝(中国、東晋)永嘉の乱南匈奴西晋部落飢餓地主困窮信望蔑視王衍祖逖石虎天王邢台段部

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

石勒の関連情報