木末(読み)コヌレ

  • このうれ
  • 木▽末

デジタル大辞泉の解説

《「こ()のうれ()」の音変化》樹木の先端の部分。こずえ。
「三国山―に住まふむささびの鳥待つごとく我待ち痩せむ」〈・一三六七〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「こ(木)のうれ(末)」の変化した語) 木の枝さき。枝の先端の方。こずえ。
※万葉(8C後)一七・三九九一「渚には あぢ群(むら)騒き 島みには 許奴礼(コヌレ)花咲き 許多(ここばく)も 見の清(さや)けきか」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ASMR

聴覚や視覚などへの刺激によって、心地よさやゾクゾクするような快感が引き起こされる現象のこと。「Autonomous Sensory Meridian Response(自律感覚の絶頂反応)」の略で、定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android