コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

祝儀歌/祝儀唄 シュウギウタ

デジタル大辞泉の解説

しゅうぎ‐うた〔シウギ‐〕【祝儀歌/祝儀唄】

民謡で、祝いのときにうたわれる歌。嫁入り歌・長持歌木遣り歌など。祝い
芸妓(げいぎ)が宴席に呼ばれて、最初に祝儀としてうたう歌。座付き歌。座付き。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の祝儀歌/祝儀唄の言及

【祝歌(祝唄)】より

…祝福の気持ちをこめてうたう歌で,日本の民謡の中に大きな部分を占めている。祝儀歌(唄)ともいう。うたわれる機会は,正月,作業始め,作業納め,収穫祝い,婚礼,新築祝いなどである。…

※「祝儀歌/祝儀唄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

祝儀歌/祝儀唄の関連キーワード祝歌(祝唄)さんさ時雨伊勢音頭催馬楽伊那節木遣り船歌祝歌

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android