コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

祝(い)歌/頌 イワイウタ

デジタル大辞泉の解説

いわい‐うた〔いはひ‐〕【祝(い)歌/×頌】

民謡の分類の一。祝いの式や宴席などでうたう歌。祝儀歌。
和歌六義(りくぎ)の一。祝いことほぐ歌。頌歌(しょうか)。
「六つには―」〈古今仮名序

しゅく‐か【祝歌】

祝いの歌。「祝歌を奏する」

ほき‐うた【祝歌/寿歌】

《後世は「ほぎうた」》祝ってうたう歌。
「此は―の片歌なり」〈・下〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

祝(い)歌/頌の関連キーワードスペンサー(Edmund Spenser)クリスマスキャロルフィンランド文学祝歌(祝唄)さんさ時雨スペンサー伊勢大輔キャロル日本民謡アラトス地搗歌伊那節宇岐歌杵築祭隆達節大黒舞大漁節片歌初荷踏歌

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android