コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

祝田橋 いわいだばし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

祝田橋
いわいだばし

東京都千代田区南部,皇居外苑南側の江戸城の堀にかかっている橋。橋の南には内堀通りがあり,自動車交通量がきわめて多い。付近は江戸時代の大名屋敷跡で,皇居外苑,日比谷公園があり,司法関係の官庁が多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

祝田橋
いわいだばし

東京都千代田区南部、内堀に架かっていた橋付近をいう。皇居外苑(がいえん)と日比谷(ひびや)公園、霞(かすみ)が関を結ぶ内堀通りにあり、内堀は東側を日比谷濠(ぼり)、西側を凱旋(がいせん)濠とよぶ。かつて皇居前広場に祝田町とよぶ住民のいない町があった。橋の名は町名に由来する。現在は橋はなく、道路化し、内堀通りが通る。祝田橋の南側には国道1号も通り、自動車交通の激しい所となっている。付近は都心の美観を呈する一地点である。[沢田 清]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

祝田橋の関連キーワード沢田

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

祝田橋の関連情報