コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日比谷公園 ひびやこうえん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日比谷公園
ひびやこうえん

東京都千代田区南東部にある公園。面積 16万1636.66m2。1903年開園。日本最初の洋風近代式公園として知られ,野外音楽堂,日比谷公会堂,日比谷図書文化館などが園内にある。周囲はビジネス街。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ひびやこうえん【日比谷公園】

東京都千代田区にある公園。この土地は,江戸時代には松平肥前守その他の大名屋敷であり,明治維新後,陸軍の練兵場とされていた。その後政府は練兵場を青山へ移し,日比谷官庁街計画(1886ころ)をたてたが,地質試験の結果,建築には不適とされた。89年東京市区改正設計において,〈帝都にふさわしい公園〉をつくることが決定され,田中芳男小平義近らの設計案(動物園,植物園,日本植木屋,運動場などももつ)が出された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ひびやこうえん【日比谷公園】

東京都千代田区にある日本で最初の洋式公園。日比谷公会堂・日比谷図書館・野外音楽堂などがある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔東京都〕日比谷公園(ひびやこうえん)


東京都千代田(ちよだ)区にある都立公園。皇居の南東に位置する。1903年(明治36)に開園した日本最初の洋式庭園。面積約16.1ha。公園には7つの門があり、北東隅の有楽(ゆうらく)門は旧江戸城の日比谷見附(みつけ)跡で石垣が残る。江戸城内堀の名残である心字(しんじ)池や大噴水、四季の花がみられる花壇、日比谷図書館日比谷公会堂・市政会館などがある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日比谷公園
ひびやこうえん

東京都千代田区、皇居の南東にある代表的な都市公園。江戸初期は入江であったが、埋め立てられ武家屋敷地となり、当時設けられた日比谷門の石垣が北東隅に残っている。佐賀藩鍋島(なべしま)家、長州藩毛利(もうり)家などの屋敷があったが、明治初年取り壊され練兵場となった。1889年(明治22)市区改正のとき公園と定められ、1903年ドイツを範として、大規模な西洋式公園が開園した。面積16万1637平方メートル。石垣近く、ツルの噴水のある心字(しんじ)池は江戸城内濠(うちぼり)の名残(なごり)で、その南に小音楽堂、大噴水、西方に雲形池、レストランの松本楼、大音楽堂がある。また南端に1908年(明治41)設立の正三角形の日比谷図書文化館(旧、日比谷図書館)、1929年(昭和4)設立の日比谷公会堂がある。公園内には二つの西洋花壇があり、四季の花が咲き誇っている。そのほか、二つの池を囲んで日本式庭園がある。公園事務所として設計されたバンガロー形式の公園資料館は明治時代の洋風建築物として貴重である。
 1905年(明治38)のポーツマス日露講和条約に不平をもった群衆の日比谷焼打事件、1922年(大正11)普通選挙法促進のための尾崎行雄(ゆきお)の演説、また1936年(昭和11)の二・二六事件では野戦重砲が置かれるなど、都心にあってつねに日本の近代史の波にもまれてきた。[沢田 清]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

日比谷公園の関連キーワード千代田区立日比谷図書文化館東京都千代田区日比谷公園竹島(韓国名・独島)問題ハナミズキ(花水木)ザ・ペニンシュラ東京日比谷焼き打ち事件東京モーターショークライストチャーチ池の水ぜんぶ抜く日比谷野外音楽堂安保阻止国民会議日比谷焼打ち事件東京都千代田区ビクトリア公園日比谷焼打事件メーデー事件千代田[区]千代田(区)年越し派遣村パークライフ

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日比谷公園の関連情報