コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神の河(かんのこ)

2件 の用語解説(神の河(かんのこ)の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

神の河(かんのこ)

鹿児島県、薩摩酒造が製造・販売する焼酎の商品名。二条大麦100%を原料に使用した単式蒸留による原酒をホワイトオーク樽に3年以上貯蔵した長期貯蔵麦焼酎。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

かんのこ【神の河】

鹿児島の麦焼酎。酒名は、仕込み水に使う地元の湧水「神の河」にちなみ命名。常圧蒸留で造った焼酎を樫樽で3年以上熟成させる。原料は麦、麦麹。アルコール度数25%。蔵元の「薩摩酒造」は昭和11年(1936)「薩摩合同酒精」として設立。同24年(1949)現社名に変更。所在地は枕崎市立神本町。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

神の河(かんのこ)の関連キーワード三岳いいとも 黒麹紫尾の露おなんこう五代麦至福の陶酔酔神千亀女麦製DUNEむんのら

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone