コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神体山 しんたいさん

大辞林 第三版の解説

しんたいさん【神体山】

神霊が宿る山として、祭祀・礼拝の対象となる山。三輪山・富士山・日光男体山など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しんたいさん【神体山】

神体として直接崇拝の対象とされる山をいう。山岳崇拝そのものは原始古代社会の宗教文化に共通するが,神体山の称は日本の神社祭祀や修験道などが歴史を通じて崇拝や信仰の対象としてきた各地の名山高岳を改めて共通に表現する言葉として近代に使われるようになった。神体という語は平安中期に成立したが,山を神体とする表現は山崎闇斎の《垂加神道初重伝》を最初にして江戸中期に奈良県の三輪山をいうようになり,神体山の用語も1871年(明治4)に大神(おおみわ)神社が奈良県あての口上書に三輪山を指して使ったのが最初とされる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の神体山の言及

【神奈備】より

…語源には諸説があって決めがたいが,〈かんな〉を〈神の〉の意として〈び(備,火,樋)〉の原義を論じるものが多く,ここでは〈辺〉に通じる〈場所〉の意としておく。《延喜式》の出雲国造神賀詞(かむよごと)には〈大御和乃神奈備〉〈葛木乃鴨乃神奈備〉〈飛鳥乃神奈備〉,《万葉集》巻十一にも〈神名火にひもろぎ立てて斎へども〉とあって,祭場または神域の意にとれるが,ほかに同集には〈三諸乃かんなび山〉2例,〈かんなびの三諸(之)山(神)〉4例,〈かんなびの伊波瀬(磐瀬)之社〉2例が見え,《出雲国風土記》に〈かんなび山〉4例,《延喜式》神名帳に〈かんなび神社〉4例,《三代実録》に〈かんなび神〉2例などがあって,いずれも神体山そのものか神体山に関係ある神または神社をさす。かんなび山は一般に人里に近く笠を伏せたような低い独立峰で,樹木に覆われて山中に磐座(いわくら)や磐境(いわさか)など祭祀遺跡を思わせるもののある場合が多い。…

※「神体山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

神体山の関連キーワード二荒山神社(栃木県日光市)日吉大社(ひえたいしゃ)日光男体山遺跡日吉神社境内白山比咩神社二荒山神社春日曼荼羅山王曼荼羅西条(市)出雲大神宮筑波山神社箱根神社油日神社御上神社山岳信仰丹沢山地大神神社川面凡児神道美術金鑽神社

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

神体山の関連情報