神山 政良(読み)カミヤマ セイリョウ

20世紀日本人名事典「神山 政良」の解説

神山 政良
カミヤマ セイリョウ

大正・昭和期の官僚,大衆運動家



生年
明治15(1882)年4月17日

没年
昭和53(1978)年10月12日

出生地
沖縄県首里

学歴〔年〕
東京帝大〔明治42年〕卒

主な受賞名〔年〕
社会奉仕賞(沖縄タイムス社)〔昭和38年〕

経歴
大蔵省に入り、仙台税務監督局に勤務。明治44年旧琉球王家の尚典(侯爵)の子、尚昌に随行して、英国オックスフォード大に私費留学、政治・経済を学ぶ。大正4年帰国後、大蔵省に戻り、昭和6年名古屋専売局長、7年東京地方専売局長を経て、11年退官。その間、政府と沖縄のパイプ役となって沖縄県振興計画の策定尽力戦後は、沖縄人連盟会長、沖縄協会会長、沖縄祖国復帰促進協議会会長を務め、沖縄の日本復帰に貢献した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典「神山 政良」の解説

神山 政良 (かみやま せいりょう)

生年月日:1882年4月17日
大正時代;昭和時代の官僚;大衆運動家。沖縄祖国復帰促進協議会会長
1978年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

敵に塩を送る

《戦国時代、上杉謙信が、敵将武田信玄の領国の甲斐が塩の不足に苦しんでいるのを知り、塩を送らせた故事から》敵の弱みにつけこまず、逆にその苦境から救う。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android