神明鳥居(読み)シンメイトリイ

大辞林 第三版の解説

しんめいとりい【神明鳥居】

〔神明造りの神社に多く用いられるので〕
鳥居の一種。柱・笠木かさぎ・貫ぬきから成り、笠木に反りがなく、柱は垂直、貫の両端は柱の外には出ない。靖国やすくに神社の鳥居がその例。 → 鳥居

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の神明鳥居の言及

【鳥居】より


[様式の種類と変化]
 形式により材料によって古来さまざまな分類がおこなわれているが,神明(しんめい),鹿島(かしま),八幡(はちまん),明神,両部などはなかでも代表的で,靖国,春日,稲荷,住吉,山王,三輪などの名も知られている(図2)。(1)神明鳥居は最も素朴で,2本の垂直の掘立柱と笠木および貫の4本の丸太で造られる。皮付きの丸太を黒かずらでくくる黒木鳥居はなかでも原始的で,大嘗祭(だいじようさい)の悠紀(ゆき)殿などに使われる。…

※「神明鳥居」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android