コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神明造 しんめいづくり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

神明造
しんめいづくり

神社本殿形式の一種。伊勢神宮が代表例。素木造 (しらきづくり) ,切妻造平入りで,屋上に千木 (ちぎ) ,堅魚木 (かつおぎ) を載せる。両側面に棟持柱 (むなもちばしら) を立てた。伊勢神宮の様式を特に唯一神明造という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

神明造【しんめいづくり】

神社建築の一様式。切妻造,茅葺(かやぶき)で,棟(むね)上に10本の鰹木(かつおぎ)と破風(はふ)板の延長である千木(ちぎ)を置き,両妻に棟持柱(おさ柱)と称する突出柱,破風板の上部に鞭懸(むちかけ)をもつ。
→関連項目堅魚木大社造

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

神明造
しんめいづくり

神社本殿建築の形式の一つ。茅葺(かやぶ)きまたは檜皮(ひわだ)葺きの切妻(きりづま)造、平入(ひらいり)の直線的な屋根や、四周に高欄をつけた高床(たかゆか)の縁(えん)などが特徴的である。全国各地の神領に勧請(かんじょう)された神明宮あるいは神明社はこの形式によってつくられたが、伊勢(いせ)皇大神宮の正殿は他の神明造の本殿と区別して唯一(ゆいつ)神明造とよぶ。これは素木(しらき)造、両妻の外側に独立して棟持柱(むなもちばしら)が立ち、破風(はふ)が棟上で交差して千木(ちぎ)となる形式をとっている。[工藤圭章]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の神明造の言及

【伊勢神宮】より

…大和朝廷の祖神を祭る伊勢神宮が,大和から離れた伊勢にある理由は,海上に昇る太陽を祭るにふさわしい土地であるという見方や,大和朝廷の東国進出の拠点がここに置かれたとする見方など,種々の推測があるが明らかではない。 神宮の神殿は一般に神明造と呼ばれる平入り切妻高床式の殿舎で,出雲大社の大社造とともに,神殿建築の最も古い形を伝えるものとされている。この古式の殿舎は,天武天皇のときに20年ごとに建て替えることが定められ,持統天皇のときに第1回の式年遷宮が行われて以来,1973年の遷宮まで60回に及んでいる。…

※「神明造」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

神明造の関連キーワード神社(じんじゃ)唯一神明造り仁科神明宮式年遷宮祭神明鳥居熱田神宮出雲大社式年遷宮棟持ち柱靖国神社手長神社甍覆い神明社紫宸殿鞭懸け御岳山檜皮樋貫神殿作り

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android