コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神明造 しんめいづくり

4件 の用語解説(神明造の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

神明造
しんめいづくり

神社本殿形式の一種。伊勢神宮が代表例。素木造 (しらきづくり) ,切妻造,平入りで,屋上に千木 (ちぎ) ,堅魚木 (かつおぎ) を載せる。両側面に棟持柱 (むなもちばしら) を立てた。伊勢神宮の様式を特に唯一神明造という。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しんめい‐づくり【神明造(り)】

神社本殿形式の一。切妻造り平入りで、反りのない屋根を檜皮(ひわだ)茅(かや)・銅板などで葺(ふ)き、破風(はふ)は交差して棟上で千木(ちぎ)となり、その間に鰹木(かつおぎ)を置く。白木造りが多い。伊勢の神宮社殿の系統のもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

神明造【しんめいづくり】

神社建築の一様式。切妻造,茅葺(かやぶき)で,棟(むね)上に10本の鰹木(かつおぎ)と破風(はふ)板の延長である千木(ちぎ)を置き,両妻に棟持柱(おさ柱)と称する突出柱,破風板の上部に鞭懸(むちかけ)をもつ。
→関連項目堅魚木大社造

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

神明造
しんめいづくり

神社本殿建築の形式の一つ。茅葺(かやぶ)きまたは檜皮(ひわだ)葺きの切妻(きりづま)造、平入(ひらいり)の直線的な屋根や、四周に高欄をつけた高床(たかゆか)の縁(えん)などが特徴的である。全国各地の神領に勧請(かんじょう)された神明宮あるいは神明社はこの形式によってつくられたが、伊勢(いせ)皇大神宮の正殿は他の神明造の本殿と区別して唯一(ゆいつ)神明造とよぶ。これは素木(しらき)造、両妻の外側に独立して棟持柱(むなもちばしら)が立ち、破風(はふ)が棟上で交差して千木(ちぎ)となる形式をとっている。[工藤圭章]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の神明造の言及

【伊勢神宮】より

…大和朝廷の祖神を祭る伊勢神宮が,大和から離れた伊勢にある理由は,海上に昇る太陽を祭るにふさわしい土地であるという見方や,大和朝廷の東国進出の拠点がここに置かれたとする見方など,種々の推測があるが明らかではない。 神宮の神殿は一般に神明造と呼ばれる平入り切妻高床式の殿舎で,出雲大社の大社造とともに,神殿建築の最も古い形を伝えるものとされている。この古式の殿舎は,天武天皇のときに20年ごとに建て替えることが定められ,持統天皇のときに第1回の式年遷宮が行われて以来,1973年の遷宮まで60回に及んでいる。…

※「神明造」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

神明造の関連キーワード切妻造住吉造大社造切妻造り棟門対の屋造流れ造八幡造比翼造招き造

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

神明造の関連情報