コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神面 しんめん

世界大百科事典 第2版の解説

しんめん【神面】

翁面をはじめとする古能面や各種の鬼面が,よく神社の神体とされたり,祈願のために奉納されたりしているが,これらを総称して神面ということがある。しかし狭義には,本来芸能に使用されたものでなく,奉納のために作られた鬼形の仮面と解したほうがよいであろう。阿吽(あうん)一対のものが多く,大小さまざまで,使用する目的でないから,裏をくらなかったり,目を抜かないものが多い。遺品は南北朝以後のものをみる。【田辺 三郎助】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

神面の関連キーワードヨハン・アウグスト ストリンドベリ生活不活発病(廃用症候群)弥彦舞楽(やひこぶがく)恒産なきものは恒心なしメンタル・トレーニングユネスコ公共図書館宣言メンタルデリバリーDMATとDPATサイコオンコロジー車大歳神社の翁舞アニマルセラピー魔除け飾り面ドゥーラ効果マーズ500メンタルケア器質的障害宗像 利吉春機発動期平野早矢香精神腫瘍科

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

神面の関連情報