神頭(読み)ジンドウ

デジタル大辞泉の解説

じん‐どう【神頭】

(まとや)の(やじり)の一。鏑矢(かぶらや)に似て、先を平らに切り、的を傷つけないようにしたもの。長さ5~6センチで、多くは木製、黒漆塗り。磁頭。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じんどう【神頭】

〔「実頭じつとう」の転か〕
やじりの一種。形は鏑矢かぶらやの鏑に似るが、中をえぐらず、先端を平らに切ったもの。普通は木製で、挟み物・草鹿くさじし・丸物などを傷つけずに射るための的矢まとやであるが、鉄製の実戦的なものもある。磁頭。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じん‐どう【神頭】

〘名〙 的矢(まとや)の鏃(やじり)の一種。多くは木で作った小形の目無鏑(めなしかぶら)で、漆で黒く塗ったもの。挟物(はさみもの)、草鹿(くさじし)、丸物などを射るのに用いる。また、鉄製のものを金神頭(かなじんどう)という。磁頭。
十訓抄(1252)七「昨日の仰に、鶯やるなと候しかば、いふかひなくにがし候ば、弓箭とる身に心憂くて、じんどうをはげて、射落して侍る」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

神頭の関連情報