コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

的矢 マトヤ

3件 の用語解説(的矢の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

まと‐や【的矢】

的と矢。
的を射るのに用いる矢。けいこ用と、儀礼の行事用とがある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

まとや【的矢】

的を射るための矢。鏃やじりは先を丸くしてある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

的矢
まとや

三重県中東部、志摩(しま)市磯部(いそべ)町の一地区。旧的矢村。的矢湾奥の古い漁村で的屋御厨(みくりや)(神鳳抄(しんぽうしょう))の記録がある。カキやノリの養殖が盛ん。地区の西端をパールロードが走り、的矢湾大橋が湾をまたいでいる。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の的矢の言及

【磯部[町]】より

…人口9776(1995)。志摩半島の中央に位置し,東は太平洋に面して的矢湾と伊雑ノ浦が深く湾入する。紀伊山地の東端に当たる山地が広く占め,数本の河川の河口に小規模なデルタが形成される。…

※「的矢」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

的矢の関連キーワード乙矢金的を射落とす正鵠を射る竹藪に矢を射るよう的弓的を射る目を射る差し矢甲矢的を得る

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

的矢の関連情報