祭礼物(読み)さいれいもの

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

祭礼物
さいれいもの

歌舞伎舞踊の一種祭礼のはなやかな風物を描いたものをいう。江戸の市井の風俗,行事に取材した風俗舞踊の一種で,文政~天保年間 (1818~44) に流行した。山王日枝神社に取材した『再茲歌舞妓花轢 (またここにかぶきのはなだし) 』通称『申酉』 (26) ,三社祭に取材した『弥生の花浅草祭』 (32) ,神田祭に取材した『〆能色相図 (しめろやれいろのかけごえ) 』 (39) ,曾我祭 (のちに山王祭に改めた) に取材した『勢獅子劇場花篭 (きおいじしかぶきのはなかご) 』 (51) などがある。祭礼の山車 (だし) の人形,手古舞鳶の者などの姿で踊るものが多い。曲目も長唄常磐津清元にわたる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android