コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

祭礼物 さいれいもの

1件 の用語解説(祭礼物の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

祭礼物
さいれいもの

歌舞伎舞踊の一種。祭礼のはなやかな風物を描いたものをいう。江戸の市井の風俗,行事に取材した風俗舞踊の一種で,文政~天保年間 (1818~44) に流行した。山王日枝神社に取材した『再茲歌舞妓花轢 (またここにかぶきのはなだし) 』通称『申酉』 (26) ,三社祭に取材した『弥生の花浅草祭』 (32) ,神田祭に取材した『〆能色相図 (しめろやれいろのかけごえ) 』 (39) ,曾我祭 (のちに山王祭に改めた) に取材した『勢獅子劇場花篭 (きおいじしかぶきのはなかご) 』 (51) などがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

祭礼物の関連キーワード踊り地所作事丹前物薄雪歌舞伎狂言花柳鈴太鼓所作立て雀踊変化舞踊

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone