福山港

デジタル大辞泉プラスの解説

福山港

鹿児島県にある港。1953年4月設立。港湾管理者は、鹿児島県

福山港

広島県にある港。瀬戸内海に面し、箕島、箕沖、鞆(とも)の3地区からなる。1952年9月設立。港湾管理者は、広島県重要港湾(1963年4月指定)。港湾区域面積は、4,790ヘクタール。港の歴史は古く、17世紀に水野勝成福山城築城した際、外堀につながる運河の北岸に船だまりを造成したのが始まり。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

福山港

1622年、福山城主水野勝成が築城の際、運河1・4キロを開削したのが始まり。1965年、日本鋼管福山製鉄所(現・JFEスチール西日本製鉄所福山地区)の開所躍進。コンテナ以外のばら積みを含む全体では、おもに鉄鉱石石炭オーストラリアブラジルなどから輸入し、中国や韓国へ鋼材、電気機器を輸出している。03年の外国貿易船入港数は1942隻で全国16位(広島港は21位)、取り扱い貨物量21位(同46位)。05年の輸出入総額は前年比約2割アップの約6670億円で、6年連続増。

(2006-04-13 朝日新聞 朝刊 広島1 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android