コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

箕島 みのしま

4件 の用語解説(箕島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

箕島
みのしま

和歌山県北西部,有田市の中心市街地。旧町名。 1954年近隣3村と合体して有田町となり,56年から有田市の一部。有田川河口に位置し,古くから河口港として繁栄。特に下流域の山地斜面で栽培されるミカンの集散地として,紀州藩の口前役所や,出荷組合である蜜柑方 (みかんかた) などがおかれ,廻船が寄港した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

箕島

長崎県大村市、大村湾内にあった島。世界初の海上空港である長崎空港(1975年5月開港)は、計画当時有人島であったこの島の山と周辺の小島を切り崩した土砂による埋め立てで建設された。現在の滑走路の南西部が、かつての島域にあたる。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みしま【箕島】

長崎県中南部,大村湾に浮かぶ小島。大村市に属す。1975年5月に完成した3000m滑走路をもつ長崎空港がある。空港建設前は標高97mの小山をもつ面積0.92km2のひょうたん形の島で,ダイコンやミカンが栽培され,1971年当時,16世帯74人が居住していた。しかし大型ジェット機時代に適応した近代空港を建設するため,住民はすべて退去し,埋立てが行われて,面積は2.4km2に増えた。また対岸と結ぶ長さ970mの橋が架けられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

箕島
みのしま

和歌山県北西部、有田(ありだ)市の中心地区。旧箕島町。中世は蓑島とも書かれた。国道42号、480号が通じ、JR紀勢本線(きのくに線)箕島駅がある。有田ミカンの集散地として発展した。電線、蚊取り線香の工場がある。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

箕島の関連情報