コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福島治重 ふくしま はるしげ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

福島治重 ふくしま-はるしげ

?-? 江戸時代前期の武士。
福島正則(まさのり)の家老,備後(びんご)(広島県)三原城城番。元和(げんな)5年(1619)正則が改易(かいえき)となったとき,江戸から正則の書状がとどくまで城の明け渡しをこばんで籠城(ろうじょう)。書状の到着後,城の糧器,家臣の俸禄などの記録をのこして城をさった。このため家臣たちは禄をうしなわずにすんだという。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone