福島高晴(読み)ふくしま たかはる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

福島高晴 ふくしま-たかはる

1573-1633 織豊-江戸時代前期の大名。
天正(てんしょう)元年生まれ。福島正信(まさのぶ)の次男,正則(まさのり)の弟。豊臣秀吉につかえ,伊勢(いせ)(三重県)長島で1万石を領す。のち徳川家康につかえ,関ケ原の戦いの功により,慶長5年大和(奈良県)松山3万石にうつる。20年下馬騒動を理由に改易(かいえき)となった。寛永10年9月25日死去。61歳。尾張(おわり)(愛知県)出身。初名は正頼。通称は助六郎。名は孝治とも。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android