コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福永挽歌 ふくなが ばんか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

福永挽歌 ふくなが-ばんか

1886-1936 明治-昭和時代前期の詩人,小説家,翻訳家。
明治19年3月22日生まれ。東京日日新聞,万朝報(よろずちょうほう)などの記者をつとめ,のち日本女子高等学院などで教職につく。昭和11年5月5日死去。51歳。福井県出身。早大卒。本名は渙(きよし)。別号に冬浦。著作に詩集「習作」,短編集「夜の海」,訳書にデュマ「椿姫」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

福永挽歌の関連キーワードナンバースクールヘニー数学基礎論岩石区陸軍省ジョージ人民戦線トヨダAA型浪華悲歌日本映画

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone