コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福田二城 ふくだ にじょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

福田二城 ふくだ-にじょう

1806-1876 江戸後期-明治時代の庄屋。
文化3年生まれ。肥後(熊本県)玉名郡肥猪(こえい)村の人。山鹿(やまが)手永の総庄屋兼代官となる。農事,民政につとめ,用水池をほり,橋をかけ,荒地を開墾するなど土木工事にも力をそそいだ。私塾翼々舎をひらいて門人もおおかった。明治9年死去。71歳。名は有竜。字(あざな)は子同。通称は春蔵。別号に北泉堂主人。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

福田二城の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android