コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福田喜重 ふくだ きじゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

福田喜重 ふくだ-きじゅう

1932- 昭和後期-平成時代の刺繍(ししゅう)工芸家。
昭和7年9月26日生まれ。父の福田喜三郎にまなび,刺繍のみで文様を表現する素繍(すぬい)の作品を中心に制作する。繍箔(ぬいはく)にもすぐれ,空間をいかした文様構成や明度尊重の配色が特色。日本伝統工芸展で活躍し,平成9年刺繍分野でははじめて人間国宝に認定された。京都出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

福田喜重の関連キーワード[各個指定]工芸技術部門

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

福田喜重の関連情報