コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福音史家の象徴 ふくいんしかのしょうちょうsymbols of the Evangelists

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

福音史家の象徴
ふくいんしかのしょうちょう
symbols of the Evangelists

美術,宗教用語。聖書のなかの4人の福音史家,マタイマルコルカヨハネを『エゼキエル書』1章あるいは『ヨハネの黙示録』4章に語られている4つの生き物の姿に象徴的に対応させたもの。マタイ=人間,マルコ=獅子,ルカ=牛,ヨハネ=わし,とするのが最も一般的で,聖ヒエロニムスの福音序文による。美術の主題としては5世紀前半からキリストのマエスタスや再臨図にみられるようになり,ローマのサンタ・プデンツィアーナ,ラベンナガラ・プラキディア廟のモザイクなどに用いられ,ときにはキリストの昇天に伴って表わされた (『ラブラの福音書』,586頃) 。ほかに『ヨハネの黙示録』 (アンジェ・タペストリー美術館) などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android