禿鸛(読み)ハゲコウ

デジタル大辞泉の解説

はげ‐こう〔‐こふ〕【×禿×鸛】

コウノトリ科ハゲコウ属の鳥の総称。全長1メートル以上あり、くちばしが大きく、脚が長い。頭・首は皮膚が裸出している。屍肉(しにく)や生きた魚・ネズミなどを食べる。3種が南アジア・アフリカに分布。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はげこう【禿鸛】

コウノトリ目コウノトリ科ハゲコウ属の大形の鳥の総称。大きなくちばし、裸出した頭頸部と袋のような肉垂、長い脚を有する。翼は灰黒色、腹部は白色。屍肉を好む。インドとアフリカに三種が分布。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android