秀真(読み)ホツマ

  • ▽秀真

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 表音文字の一種。神代文字の一つとして、日本で、漢字渡来以前に行なわれたと称するが証拠はない。
※文芸類纂(1878)〈榊原芳野編〉一「彼の日文及天名地鎮秀真(ホツマ)等を認めて上古の者と謂ふより」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

秀真の関連情報