コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秀真 ホツマ

大辞林 第三版の解説

ほずま【秀真】

香取かとり秀真

ほつま【秀真】

神代文字の一。明治時代、落合直澄が「いろは」順に配列して示した四八の表音文字。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

秀真の関連キーワードMETAL ART MUSEUM HIKARINOTANI香取秀真(かとりほずま)魚住 為楽(1代目)馬酔木(短歌雑誌)千葉県立美術館堀山城(初代)佐々木 宗彦唐物久兵衛内藤 春治角谷 一圭根来 実三岡崎 雪声佐々木宗彦根岸短歌会宮崎寒雉正岡子規渡辺秀司物類称呼角谷一圭大西浄清

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

秀真の関連情報