コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秀真 ホツマ

大辞林 第三版の解説

ほずま【秀真】

香取かとり秀真

ほつま【秀真】

神代文字の一。明治時代、落合直澄が「いろは」順に配列して示した四八の表音文字。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

秀真の関連キーワードMETAL ART MUSEUM HIKARINOTANI香取秀真(かとりほずま)魚住 為楽(1代目)馬酔木(短歌雑誌)堀山城(初代)千葉県立美術館佐々木 宗彦唐物久兵衛角谷 一圭根来 実三内藤 春治岡崎 雪声根岸短歌会佐々木宗彦宮崎寒雉角谷一圭正岡子規物類称呼大西浄清文化勲章

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

秀真の関連情報