コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

私家農業談 しかのうぎょうだん

1件 の用語解説(私家農業談の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しかのうぎょうだん【私家農業談】

江戸後期の農書。越中国礪(砺)波郡下川崎村(現,富山県小矢部市)の宮永正運(1732‐1803)が1789年(寛政1)に書きあげた。《農業全書》を手本に,地元の事情を多く加えて構成し,同時代の農書中もっとも充実した一書である。正運は本草学,漢詩,和歌,俳句などを学び,はばひろい教養が本書の基盤にあった。宮永家は土地の旧家で,農事指導に熱心な当主が多く,子孫のための手引きの意味で“私家”と題した。【筑波 常治】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

私家農業談の関連キーワード農書農政全書会津農書安藤兵九郎川崎六之佐井三右衛門沢田清兵衛太三郎(1)長崎村茂右衛門宮永正運

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone