コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

私家農業談 しかのうぎょうだん

世界大百科事典 第2版の解説

しかのうぎょうだん【私家農業談】

江戸後期の農書。越中国礪(砺)波郡下川崎村(現,富山県小矢部市)の宮永正運(1732‐1803)が1789年(寛政1)に書きあげた。《農業全書》を手本に,地元の事情を多く加えて構成し,同時代の農書中もっとも充実した一書である。正運は本草学,漢詩,和歌,俳句などを学び,はばひろい教養が本書の基盤にあった。宮永家は土地の旧家で,農事指導に熱心な当主が多く,子孫のための手引きの意味で“私家”と題した。【筑波 常治】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

私家農業談の関連キーワード土屋又三郎

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android