コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

農業全書 のうぎょうぜんしょ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

農業全書
のうぎょうぜんしょ

江戸時代の農書。筑前福岡藩士宮崎安貞の著。11巻。元禄10(1697)年刊。農村生活の体験と日本各地の農業の状態を調査,研究して農事農法を詳述したもの。農事総論に始まり五穀,山野菜,三草四木,播種期,栽培法などを図説。中国明代の『農政全書』の影響を受けているといわれるが,日本では最初の体系的農書で,長く農書の規範とされた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

のうぎょうぜんしょ〔ノウゲフゼンシヨ〕【農業全書】

江戸中期の農書。10巻、付録1巻。宮崎安貞著。元禄10年(1697)刊。中国の「農政全書」を参考に、著者の体験・見聞により農事・農法を体系的に記述したもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

農業全書【のうぎょうぜんしょ】

宮崎安貞の著書。10巻,1697年刊。貝原益軒(かいばらえきけん)の序があり,付録1巻は益軒の兄楽軒(らくけん)の筆。刊本としては日本最古の農書。近畿,中国の各地を歴遊し,老農の話を聞いた安貞が,自身の農耕経験で得た知識も併せて集大成したもの。
→関連項目シュンギク農書

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

のうぎょうぜんしょ【農業全書】

1697年(元禄10)に出版された,刊本としては日本最古の体系的農書。元福岡藩士宮崎安貞が福岡城外女原(みようばる)村に帰農40年にして著述したもの。全11巻。貝原益軒の序がある。第11巻は益軒の兄楽軒の筆で付録とする。10巻は農事総論,五穀,菜(2巻),山野菜,三草四木,菓木,諸木および生類養方,薬種に分かれる。農事総論をはじめ各論の栽培技術においても耕作農民の立場から詳細な記述をしている。本書が本邦農書の原典と称されるのも,まさにこの点にもとづく。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

のうぎょうぜんしょ【農業全書】

農書。一一巻。宮崎安貞著。1697年刊。中国の「農政全書」に基づきながら、実地の見聞により農事・農法を体系的に叙述。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

農業全書
のうぎょうぜんしょ

農書名。著者は宮崎安貞(やすさだ)。1697年(元禄10)京都の書堂柳枝軒から刊行。本書以前にも多くの農書がつくられたが、それらはすべて写本として流通したのに対し、本書は初めて版本として広く世間に流布し、1894年(明治27)に至っても出版された。本書は宮崎安貞の40年にわたる研鑽(けんさん)の結晶である。その特色は、著者の村居体験のなかでの観察と蓄積、中国農書への知識・方法とそのわが国への適用、畿内(きない)各地をはじめ諸国旅行による農業技術の調査・吸収である。中国農書については同郷の貝原益軒(かいばらえきけん)の寄与が大きく、また益軒の兄楽軒が一部を書き、また補っている。その内容構成は、第1巻農事総論、第2巻五穀之類、第3・第4巻菜之類、第5巻山野菜之類、第6巻三草之類(ワタ、藍(あい)、タバコなど工芸作物)、第7巻四木之類(茶、漆、楮(こうぞ)、桑)、第8巻果木之類、第9巻諸木之類、第10巻生類(しょうるい)養法(家畜、家禽(かきん)、養魚)・薬種類、第11巻附録(楽軒著、農民の心得を述べたもの)。本書は、一般農業技術、とくに商品作物栽培技術の指導書として当時の時世に迎えられたものである。[福島要一]
『『農業全書 巻1~11』(『日本農書全集11・12』1978・農山漁村文化協会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

農業全書の関連キーワード農書(農業に関する書物)日本科学史(年表)シュンギク(春菊)佐瀬与次右衛門木下清左衛門私家農業談広益国産考カキ(柿)土屋又三郎河野徳兵衛元禄文化農業教育服部煙草耕稼春秋土屋邦敬チョロギ斎藤 司筑前国スイカアヒル