コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

私記 シキ

デジタル大辞泉の解説

し‐き【私記】

個人としてしたもの。私的な記録

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しき【私記】

個人の記したもの。私的な記録。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の私記の言及

【日記】より

…しかしその後幕府や社寺における職務日記の記載が盛んになり,宮廷でも《御湯殿上日記》以下の女房日記をはじめ,《議奏日次案》や禁裏・仙洞の執次詰所(とりつぎつめしよ)日記などが書きつがれ,さらに伏見宮以下の各宮家の家司日記など,公武にわたって各種各様の職務日記が記録された。 これに対し個人の私的な日記の早い例としては,746年(天平18)の具注暦に書き込まれた記文があるが,さらに公家の間に日記の記載が盛んになるに伴い,公日記に対し〈私記〉とか〈私日記〉の称も生まれた。そのある程度まとまった記文を今日に伝える最初は,《宇多天皇御記》以下の三代御記であろうが,以後,天皇・皇族,摂関以下公卿・殿上人・官人,武家・僧侶・学者文人等,各階層の人々によって書かれた日記が数多く伝存している。…

※「私記」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

私記の関連キーワード新訳華厳経音義私記相李田次万呂頼誉(2)土屋又三郎矢田部公望ボズウェル古今目録抄ギッシング島崎 蓊助日本紀私記吉川幸次郎大倉嘉十郎安東仁兵衛若山勿堂額田今足国重政恒西郷信綱萩原兼従秋良貞臣根本通明

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

私記の関連情報