秋元志朝(読み)あきもと ゆきとも

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

秋元志朝 あきもと-ゆきとも

1820-1876 江戸時代後期の大名。
文政3年3月8日生まれ。周防(すおう)(山口県)徳山藩主毛利広鎮(もうり-ひろしげ)の8男。秋元久朝の養子となり,天保(てんぽう)10年出羽(でわ)山形藩主秋元家4代。弘化(こうか)2年上野(こうずけ)(群馬県)館林(たてばやし)に転封(てんぽう),館林藩主秋元家初代となる。公武間の斡旋(あっせん)につとめたが,幕府から嫌疑をうけ蟄居(ちっきょ)を命じられた。維新後は山陵副管をつとめた。明治9年7月26日死去。57歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

秋元志朝 (あきもとゆきとも)

生年月日:1820年3月8日
江戸時代末期;明治時代の大名
1876年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

世界大百科事典内の秋元志朝の言及

【館林藩】より

…代わって松平武元が再入封し,武元は将軍家宣,家治2代にわたり老中として重きをなし,6万1000石に加封されたが,このあと2代を経て1836年(天保7)石見浜田に移り,奥州棚倉の井上正春が代わった。しかしこれも45年(弘化2)浜松に転じ,出羽山形から秋元志朝(ゆきとも)が6万石で入封した。秋元氏は上野総社城主長朝の後裔で,志朝は長州藩の縁戚である。…

※「秋元志朝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android