コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秋元志朝 あきもと ゆきとも

1件 の用語解説(秋元志朝の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

秋元志朝 あきもと-ゆきとも

1820-1876 江戸時代後期の大名。
文政3年3月8日生まれ。周防(すおう)(山口県)徳山藩主毛利広鎮(もうり-ひろしげ)の8男。秋元久朝の養子となり,天保(てんぽう)10年出羽(でわ)山形藩主秋元家4代。弘化(こうか)2年上野(こうずけ)(群馬県)館林(たてばやし)に転封(てんぽう),館林藩主秋元家初代となる。公武間の斡旋(あっせん)につとめたが,幕府から嫌疑をうけ蟄居(ちっきょ)を命じられた。維新後は山陵副管をつとめた。明治9年7月26日死去。57歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の秋元志朝の言及

【館林藩】より

…代わって松平武元が再入封し,武元は将軍家宣,家治2代にわたり老中として重きをなし,6万1000石に加封されたが,このあと2代を経て1836年(天保7)石見浜田に移り,奥州棚倉の井上正春が代わった。しかしこれも45年(弘化2)浜松に転じ,出羽山形から秋元志朝(ゆきとも)が6万石で入封した。秋元氏は上野総社城主長朝の後裔で,志朝は長州藩の縁戚である。…

※「秋元志朝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

秋元志朝の関連キーワード酒井忠発酒井忠毗池田斉訓石川総佐稲葉正盛井上正盧大久保忠美谷衛弥松平信圭渡辺潔綱

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone