コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秋山又三郎 あきやま またさぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

秋山又三郎 あきやま-またさぶろう

1846-1865 幕末の武士。
弘化(こうか)3年生まれ。常陸(ひたち)水戸藩士。元治(げんじ)元年常陸宍戸(ししど)藩主松平頼徳(よりのり)が水戸藩内抗争鎮圧にむかうとき護衛としてしたがい,奮戦。のち天狗(てんぐ)党の武田耕雲斎にしたがい京都にいく途中,敦賀で金沢藩にくだり,元治2年2月16日処刑された。20歳。本姓は村島。名は正則,正元。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

秋山又三郎の関連キーワードヘンリークルーゼンシュテルン鈴木春山ガレ仁孝天皇浅野氏祐雲竜久吉新門辰五郎田村宗立徳川家茂