秋山罷斎(読み)あきやま ひさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

秋山罷斎 あきやま-ひさい

1849-1929 明治-大正時代の漢学者。
嘉永(かえい)2年生まれ。秋山白賁堂の次男。父にまなび,朱子学に精通した。慶応2年から伊勢(いせ)(三重県)桑名藩藩校立教館でおしえる。維新後は家塾をひらいた。昭和4年11月13日死去。81歳。名は断(たけし),勝機。字(あざな)は子勿。別号に芦窓など。著作に「経余剳記」「易経本義筆記」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android