コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秋毫 シュウゴウ

デジタル大辞泉の解説

しゅう‐ごう〔シウガウ〕【秋×毫】

《秋に抜け替わった、獣のきわめて細い毛の意から》きわめて小さいこと。微細なこと。わずかなこと。いささか。「秋毫も誤ることがない」
「―の微に至るまでも原品と差(たが)うことなく摸さんと」〈露伴・風流魔〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅうごう【秋毫】

〔「漢書高帝紀」より。秋に抜けかわる獣毛が細いことから〕
きわめてわずかなこと。少し。いささか。 「 -も国に益することなくして/学問ノススメ 諭吉

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

秋毫の関連キーワード傲・剛・劫・号・合・囂・壕・強・拷・業・毫・濠・號・豪・轟・郷学問ノススメ痴漢たあ

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android