秋毫(読み)シュウゴウ

デジタル大辞泉の解説

しゅう‐ごう〔シウガウ〕【秋×毫】

《秋に抜け替わった、獣のきわめて細い毛の意から》きわめて小さいこと。微細なこと。わずかなこと。いささか。「秋毫も誤ることがない」
「―の微に至るまでも原品と差(たが)うことなく摸さんと」〈露伴・風流魔〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅうごう【秋毫】

〔「漢書高帝紀」より。秋に抜けかわる獣毛が細いことから〕
きわめてわずかなこと。少し。いささか。 「 -も国に益することなくして/学問ノススメ 諭吉

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android