秋草 篤二(読み)アキクサ トクジ

20世紀日本人名事典の解説

秋草 篤二
アキクサ トクジ

昭和期の電電官僚 元・電電公社総裁。



生年
明治42(1909)年7月7日

没年
平成13(2001)年11月22日

出生地
栃木県

学歴〔年〕
東京商科大学〔昭和9年〕卒

主な受賞名〔年〕
勲一等瑞宝章〔昭和58年〕

経歴
昭和9年日本無線電信会社(KDDの前身)に入る。24年から1年間米国のATTへ留学。のち逓信省(のち総務省 郵政事業庁)監査課長などを経て、27年電電公社(のちのNTT)発足と同時に資材部長、経理局長、30年理事、36年総務理事、40年副総裁、52〜56年総裁を歴任。電話交換サービスの自動化などを推進した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

秋草 篤二 (あきくさ とくじ)

生年月日:1909年7月7日
昭和時代の官僚。電電公社総裁
2001年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android